今、会社を設立しようと考えている方に、耳寄りの情報があります。
 今回、新事業創出促進法が施行され、資本金1円でも会社を設立することができるようになりました。今まで会社経営を目指していて、資本金が準備できないであきらめていた方、ぜひこの機会に会社設立を検討されたらいかがでしょうか。

最低資本金規制特例
 会社を設立する場合、株式会社は1,000万円以上、有限会社は300万円以上の資本金があることが要件とされており、設立までに資本金額を用意し、それを金融機関等で証明してもらう必要がありました。
 しかし、会社を設立しようとする方には、この最低資本金制が大きな壁になって、やる気や能力のある中小企業の設立を阻むものになっていました。
 そこで、やる気と能力のある中小企業の育成と発展を進めるために株式会社、有限会社の資本金は1円でもよいとする法律が平成15年2月1日に施行されました。これを利用すれば、いくつかのハードルはありますが、資本金1円以上で会社が設立できることができます。

設立手続
 会社を設立する場合、法務局への登記が必要になります。
 通常の会社を設立する場合は、最低資本金を保管している証明書を金融機関等に発行してもらい、それを申請書に添付する必要があります。
 これに対し資本金1円会社は、上記保管証明書を申請書に添付する必要はなく、それに代えて経済産業省に資本金規制の免除の確認を申請し、その確認を受けたことを証明する書面を添付する必要があります。
また会社設立後、どのような会社を設立したかを経済産業省に報告する必要があります。

注意点
 最低資本金規制特例を利用して会社を設立しようとする場合、事業を営んでいない個人であることが必要です。したがって、個人で事業を行っている方、いわゆる法人成りは除外されることになります。
 最低資本金規制特例を利用して会社を設立した場合、経済産業局にその旨を報告する必要があります。会社の住所を変更したり、名称を変えたりしたなど会社の内容を変更した場合、経済産業局にその旨の報告する必要がありますし、また貸借対照表など計算書類を経済産業局に提出しなければなりません。
 最低資本金規制特例は平成15年2月1日から、平成20年3月31日まで利用することができ、設立の日から5年を経過する日までに、株式会社なら1,000万円に、有限会社なら300万円に増資する必要があります。